« 医療に関するblog探訪(3) 産業医から親指シフトを勧めてもらおう | トップページ | ネットワークゲームとひきこもり »

2004/02/28

絵空事の病院経営(2)病院内での携帯電話使用を許可していこう

医療機関内でのケータイの利用禁止を緩和していきたいものです。

 私の職場では、2003年10月からロビーや待合室以外で携帯電話の使用を禁止するというおふれが出ました。今まで携帯電話がまったく野放しだったことに驚くとともに、なんだか時代に逆行しているなという感じがしました。

 今回は難しい話は抜きにしますが、90年代と異なり、いまどきの携帯電話が医療機器に与える影響は少なくなってきています。もちろんくっつければ誤動作の可能性が依然ありますが。

 いっぽう、社会的に見ると、もはや携帯は生活の一部で無視できるものではありません。携帯電話の使用を禁止していて、院内に禁止を明記したポスターを貼っていても、外来診察中に携帯の呼び出し音が鳴り響き、入院患者は病室内で携帯メールを打っているのが現実でしょう。米国では携帯でメールを打つ人はまずいませんが、blackberry handheldでメールを読み書きしている風景はよく見ます。あれも携帯電話の電波を使うはず。

 医療提供側としても、業務効率化のためぜひモバイルを使いたいのです。携帯電話を院内隅々まで届かせるサービスを売る業者も登場しています。電波の弱い院内基地局と弱い電波で作動する端末を使うのが特徴です。

 医療機関としてポリシーを決めることが大切だと思います。妥当なところでは、ICUや手術室、重症室などを除くという考え方があります。むしろ入院患者への迷惑の防止という点を重視する必要があるでしょう。個室では何でも可、個室でない病室内でのマナーモード着信は許可、会話は禁止、メールは可というあたりかと思います。
 病院のインフラやIPセントレックスに興味のある私の趣味としては、入院患者に電波が弱く安全の心配がない院内用PHSや無線LAN-IP携帯電話を貸与して、患者の携帯への着信をそちらに転送するサービスを提供したいなと思っています。

もはや携帯電話全館禁止の時代ではないと思います。

2005/8/22追加 最新情報を教えていただきました。
 総務省 電波の医用機器への影響に関する調査結果

|

« 医療に関するblog探訪(3) 産業医から親指シフトを勧めてもらおう | トップページ | ネットワークゲームとひきこもり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3033/241362

この記事へのトラックバック一覧です: 絵空事の病院経営(2)病院内での携帯電話使用を許可していこう:

» PHSへの認識のなさ [きつねのすみか]
PHSって、病院で使うことが出来る携帯電話の1種なはずなのに 病院によっては、看護婦さんなどの連絡も行われている。 だのに、以前、我が家の電波状態が悪いので、某... [続きを読む]

受信: 2004/02/28 18:49

» 医療現場の携帯電話 [素人裸足]
 院内で電磁波の計測をしてもらった。 一番ひどいのは、パントリー(笑)。あたり前っていや、そうなんだけど、ペースメーカー付けているような患者が普通に「レンジでチ... [続きを読む]

受信: 2004/03/01 19:06

» (続)日本社会は携帯電話過敏症 [外かんのできる街で]
医療現場から、携帯電話に関する話題パート2です。 手の届く範囲だけでもなんとかしたい: 絵空事の病院経営(2)病院内での携帯電話使用を許可していこう  今回は難... [続きを読む]

受信: 2004/03/03 14:12

» カメラ付携帯電話の使えない所と使うべきカタチ [WLAN]
今やカメラ付き携帯なんて当たり前の時代ですが、そんな当たり前の物が使えない所がいくつかある。 まず、第一にそれは病院である。私は職業柄病院へ携帯電話の使用に関す... [続きを読む]

受信: 2004/03/05 23:27

« 医療に関するblog探訪(3) 産業医から親指シフトを勧めてもらおう | トップページ | ネットワークゲームとひきこもり »