« うまくペーパーレスにならないのは、プリンタを置きすぎているため? | トップページ | 医療分野でのメタディレクトリの応用について »

2004/02/06

「G5の中身をWindows機に」騒動、私なら

MacのG5をWindowsにしたのは本当か嘘か
面白いニュースを教えてもらいました。新品のG5の中身をWindows機に改造したというレポートをサイトに掲載したところ、全世界のMac信者から「火あぶりにしてやる」などの憎悪のメールが殺到したとか。

 でも、私がマックユーザーだったら喜ぶと思うんですけど。だって、これでまねをする人が増えれば、動機はなんであれG5は売れる。するとアップルの収益が上がって、いずれそれは自分たちがより良いMacを、より安い値段で手に入れることにつながってくるわけですから。

 こんな考え、甘いですか? 自分の将来のために、富士通の親指シフトキーボードを買い支えなくてはいけない悲哀から出るのか?

 ついでに言えば、AppleからWindows用のG5に似たタワーケースでも出してもらえば、資源の無駄にならずなお良いかと。その上で、「ホントのG5とG5の皮を被ったWintelとの見分け方」をWebに公開するわけです。例えばこんな感じ。

PowerMac G5とG5-Wintel-CaseのWindows機とは、前面パネルのLEDの色が異なるだけです。「それでは電源を入れないと見分けがつかないだろう」って? そんなことはありません。試しにちょっとだけ電源スイッチに触れてみてください。スイッチに指を乗せた瞬間の胸の高鳴りが、中身までAppleテクノロジーが詰まっている真のG5であることを教えてくれるはずです。
 日本に帰ったらiMacを買おうと思っているのですが、やっぱりG5?

|

« うまくペーパーレスにならないのは、プリンタを置きすぎているため? | トップページ | 医療分野でのメタディレクトリの応用について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3033/170395

この記事へのトラックバック一覧です: 「G5の中身をWindows機に」騒動、私なら:

« うまくペーパーレスにならないのは、プリンタを置きすぎているため? | トップページ | 医療分野でのメタディレクトリの応用について »