« 無線LAN-IP携帯を端末の無線LANカードがわりに | トップページ | さようならPowerPoint-Flashでひと味違うプレゼンを »

2004/08/19

私のユビキタス端末環境

 私のオフィスは現場から急坂を登ったところにあり、12階建てのビルの屋上と同じ標高です。一度現場に降りると極力登りたくないので、主な立ち回り先4カ所のパソコンから自室のWindows XPのマシンをリモートデスクトップで操ります。リモート側は500MHzのWindows 98機とか、333MHzのWindows NT機等古く、普通のパソコンとしてはお蔵入りに近いのですが、画面の先では2.4GHzですので不自由がありません。原理上動画が見られないくらいで、通常利用ではレスポンスも問題なし。

 従来はリモートで親指シフト入力ができなかったので100%のパフォーマンスが出せませんでしたが、今週リモートでも親指シフトが可能となるソリューション(親指ひゅんQ)を見つけたので、完璧です。感覚としては、同じパソコンを5台設置しているような感じ。実際のソフト代は1台分ですので安上がりです。

 更に、会議に出るときは無線LANルータとノート機を持参すれば、会議中に自室のパソコンの資料を参照することもできます。それをプロジェクタで投影したりすると、予定外の話題にも対応できてなかなか便利です。

|

« 無線LAN-IP携帯を端末の無線LANカードがわりに | トップページ | さようならPowerPoint-Flashでひと味違うプレゼンを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3033/1229472

この記事へのトラックバック一覧です: 私のユビキタス端末環境:

» Re: これ 親指シフト(@Think negative, act positive)他3件 [親指シフトウォッチ]
携帯電話用の親指シフトキーボードを使っている人がいます。このブログも携帯電話から [続きを読む]

受信: 2004/08/28 22:35

« 無線LAN-IP携帯を端末の無線LANカードがわりに | トップページ | さようならPowerPoint-Flashでひと味違うプレゼンを »