« ハードディスク入りザウルスはPDA絶滅の前兆か | トップページ | 小児救急電話相談事業の終夜実施は大阪府が最初らしい »

2004/10/26

医師に見せたい番組なのに、見られない

きょうのNHK総合テレビ、生活ほっとモーニングでは、シリーズ がんとともに生きる「患者パワーが医療を変える」というのをやっていました。ちょっとしか見られなかったのですが、良い企画だと思いました。
 見た部分だけの要旨を一言で表現するとすれば、「自分に合った納得のいく癌治療を受けるには、良い医師のネットワークを患者主導で作る方法もある」ということです。放射線治療の専門医が出演していたこともあり、「ガンの専門医のなかでも放射線治療のことは意外に知らない人もいる」という発言も出ていました。

 この番組、ぜひ医者にも見せたい内容です。でも、これを放送していたのは朝の9時代。普通の医師が見られる時間帯ではありません。なんとかならないでしょうか。しかし、深夜に放送しろといっても無理な話。
 ここは番組のうまい二次利用だと思います。

 例えば、日本医師会が放送局に金を払い、「医師にも見せたい」テレビ番組を、医師会会員に限ってオンデマンド配信やDVDで提供するというのはどうでしょう。これを会員に無料で提供できれば、医師会の組織率向上にも寄与するかもしれませんよ。

|

« ハードディスク入りザウルスはPDA絶滅の前兆か | トップページ | 小児救急電話相談事業の終夜実施は大阪府が最初らしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3033/1779533

この記事へのトラックバック一覧です: 医師に見せたい番組なのに、見られない:

« ハードディスク入りザウルスはPDA絶滅の前兆か | トップページ | 小児救急電話相談事業の終夜実施は大阪府が最初らしい »