« ご無沙汰の間に… | トップページ | Microsoft Office Viewer三兄弟が揃い踏み »

2005/01/23

振り込め詐欺…言葉に力があれば定着は瞬く間

「認知症」はやめて「認知障」にしてほしいにいただいた、ohmiさんからのコメントに返信を書いていたのですが、長くなるのでこちらに書きます。

「認知症」の今後は私も注視していきたいと思っていますが、最近感心しているのは「振り込め詐欺」です。これは従来用いられていた「オレオレ詐欺」が巧妙化し、言葉が実態と合わなくなったために考案された言い換えですが、瞬く間に世間に定着し「オレオレ」を駆逐してしまいました。

 既存の熟語の言い換えがこんなに簡単に広まるとは、私にとっても大変な驚きでした。もちろん時勢にタイミングが合っていた、マスコミが取り上げた等の要因はあったと思いますが、私はやはり言葉の力だと思います。事象の概念を見事に表現して、皆が納得すればこんなに簡単。

「認知症」を考え出した人や、国立国語学研究所の皆さんも、この事例を見習ってほしいと思います。

|

« ご無沙汰の間に… | トップページ | Microsoft Office Viewer三兄弟が揃い踏み »

コメント

はじめまして。
首都圏の電車を「E電」と名付けたのは、作曲家の小林亜星です。JRでも、もうこの呼称使ってませんけどねw

投稿: シロネコ | 2005/01/23 12:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3033/2667214

この記事へのトラックバック一覧です: 振り込め詐欺…言葉に力があれば定着は瞬く間:

« ご無沙汰の間に… | トップページ | Microsoft Office Viewer三兄弟が揃い踏み »