« EGMAIN-EXのユーザー会をつくろう | トップページ | IBM、OS/2を2005年末で販売打ち切り »

2005/07/14

ユビキタスの日本語言い換え、またも先送り

半年前にサイトが更新されてたのに気づきませんでした。

平成16年12月3日(金)開催の独立行政法人国立国語研究所「外来語」委員会 第18回議事要旨より

提案を先送りしている「ユビキタス」「ドメスティックバイオレンス」については,依然として,継続的な調査・検討が必要であり現段階での提案は時期尚早と判断し,第4回の提案からも見送ることとした。

 先送りしてる間に、「ユビキタス」はすっかり日本語として定着した感があります。でも、なんだか情報技術と結びついた言葉になっちゃいましたね。誰も「郵便局をユビキタスに全国展開」とは言わないようです。諸外国でも同様なのでしょうか。機会があったら調べてみたいと思います。



参考過去記事 ユビキタスの日本語訳をつくろう

|

« EGMAIN-EXのユーザー会をつくろう | トップページ | IBM、OS/2を2005年末で販売打ち切り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3033/4948785

この記事へのトラックバック一覧です: ユビキタスの日本語言い換え、またも先送り:

« EGMAIN-EXのユーザー会をつくろう | トップページ | IBM、OS/2を2005年末で販売打ち切り »