« 国研:医療の専門家に期待する言葉遣いの工夫 | トップページ | EGMAIN-EXを語る会2005のお知らせ »

2005/09/03

信じる者は救われるのか?

 半分冗談ですが、何年も前から自分のパソコンには近所の神社のおまもりやお札を常備しています。そのおかげかどうかは知りませんが、今までパソコンの突然死といったことを経験したことがありません。 それぞれの機械に愛情を持って接しているということもあるのでしょうけど。

 職場の何十億円もするシステムのサーバー室にはそのようなものが無いというので、しばらく自分のを貸し出していました。

 夏休みを利用して本家伊勢神宮から簡易神棚とお札を購入しておまつりし、これで完璧!と思ったのもつかの間、今週は二日連続で夜中にサーバがダウン。

 でも、もしこれが昼間だったらと思うと、ほんとうに冷や汗ものです。夜中だったのが、きっと神様のおかげなのでしょうね。感謝感謝と。



いやいや、思い出しました。Mac II fxが校内放送のチャイムみたいな起動音を出して昇天し、ボードか何かを交換したことがあった。。。でもその頃はお守りはありませんでした。

|

« 国研:医療の専門家に期待する言葉遣いの工夫 | トップページ | EGMAIN-EXを語る会2005のお知らせ »

コメント

私のところの電算室(大体この言い方が古い。。) にはお守りや神棚はありません。
I社のアンサーラインやヘルプの電話番号シールは貼ってあるのですが、全く効果はありません。(これもお守りのような物?)
お守りの方が効果があるなら、張り替えたいです。

投稿: medicalblog | 2005/09/06 10:26

前の廊下には「こんなベンダーは嫌われる」と大書した日経コンピュータの表紙のコピーを張り出すなど、いろいろ試しています。
 以前N社の人とこんな会話をしました。

私「なんでこんなにソフトの出来が悪いの?」
 「一部はインドなんかで作ってますので」
私「インドで作ってるならこんなに品質悪いはずはない。むしろ国内のSEをみつきくらいインドに修行に出したらどうだ」

その後、あるシステムの担当で優秀な人がやってきました。冬にしては浅黒い顔なので「おー、この人インド帰りかな」と思ってしまいました。

投稿: ynb | 2005/09/06 20:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3033/5754408

この記事へのトラックバック一覧です: 信じる者は救われるのか?:

« 国研:医療の専門家に期待する言葉遣いの工夫 | トップページ | EGMAIN-EXを語る会2005のお知らせ »