« 若林マリ子さんライブですこし不安に | トップページ | 「足の裏から毒素」って言うけれど »

2005/10/04

最終ロットが届いたけれど

 Googleに「二次ロット」と打ち込むと、マニアックなサイトがずらずらと出てきます。同じく「最終ロット」と打ち込むと、富士通専門店「アクセス」さんの、「親指モバイル(FMV-830MG/S)は今回の入荷分が最終ロットです。」というページがトップに出てきます。やはり「親指シフト」もマニアの道具となってしまった証しかも(笑)。

後継機種の見通しは立っておりません。今ならご用意できます。 お急ぎください!!
などと書かれると、胸がざわざわしてしまうのが人情というもの。というわけで、いろんなところから費用を工面して一台入手しました。下記のように、実はモバイルパソコンには不自由していないので、収集が目的と言われても反論できません。。。

FMV-BIBLO LOOX S9/70
 個人的に購入。プレゼン等で大活躍するも、シンポジウムの壇上で暴走。信頼が地に墜ちたため緊急用予備に降格。

VAIO 505 Extreme
 上記の後継として個人的に購入。初めて親指ひゅんQを使用。電池駆動にやや不満がある程度で、超軽量、キーピッチも広くて言うこと無し。出張のお伴。

Let's Note R4
 着任時に商売道具として購入してもらう。上記VAIOが入手できず、次に軽いモデルを選択。既に下記が売られていたので、今思うとここで熟考すべきだったかも。軽くてバッテリは長持ちするが、キーボードが小さかった。職場でのプレゼン用に使用中。

FMV-LIFEBOOK 830MG/S (最近はBIBLOとは言わなくなったのですね)
 高性能。サイズはもちろん、キーボードの形やタッチが往年の名機WV-500を彷彿とさせる。会議のメモ用には最適。拡張バッテリもあるので列車旅行向け? でも、Rboardや親指ひゅんQに慣れた今となっては、純正親指配列とJapanistの癖が足かせになるのも事実。

しばらく使い続けてみますが、総合力ではやはりVAIOの優位は揺るがないように思います。

リンク: 私的徒然草 by GAN☆: 親指モバイルFMV-830MG/S再び!!!.

|

« 若林マリ子さんライブですこし不安に | トップページ | 「足の裏から毒素」って言うけれど »

コメント

LIFEBOOKとBIBLOの関係について一言_(._.)_

富士通のパソコンFMVは個人向けモデルと
法人向けモデルがあります。

BIBLOは個人向けのノートパソコンの名称、
LIFEBOOKは法人向けノートパソコンの名称、
というふうに分かれています。

これはFMWORLDを見るとよく分かります。
個人向け
http://www.fmworld.net/fmv/?fmwfrom=top_navi
法人向け
http://www.fmworld.net/biz/fmv/?fmwbfrom=pc

MGの親指シフトモデルはアクセスさんが
富士通にカスタマイズ注文した法人モデル
なので、BIBLOではなくLIFEBOOKなのです。

ご存じかもしれませんが、親指シフトモデル
を購入するには、LIFEBOOKのFMV-X8200
しか、現在では選択肢がありません。

モバイルマシンの親指シフトモデルが貴重
な存在なのはいうまでもありません。

やはり純正品とJapanistの相性のよさには
なにものにも変えがたい快感がありますよ。

お互いに大事に使っていきましょう(^_^)

投稿: GAN☆ | 2005/10/04 14:35

GAN☆さん、ありがとうございました。LIFEBOOKとBIBLOの関係は今ではそうなってるんですね。目から鱗が落ちた気分です。

 私がLOOX Sの前に持ってたのはFMV-BIBLO 450NL/T (1994年夏モデル)なので、その後のことはろくに知らないのです(笑)。その頃はBIBLOしかなくて、個人と企業向けの別も無かったので。
 私は大きめのBIBLOをLIFEBOOKと言うものと思ってました。2001年くらいからは単にLIFEBOOKになってるんですね。

 余談ですが、BIBLO 450NLは途中からOS/2 Warpをインストールして、プレゼンに使ってました。あの分厚さが懐かしいです。

IBM、OS/2を2005年末で販売打ち切り

投稿: ynb | 2005/10/04 18:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3033/6154923

この記事へのトラックバック一覧です: 最終ロットが届いたけれど:

« 若林マリ子さんライブですこし不安に | トップページ | 「足の裏から毒素」って言うけれど »