« 医療事故情報収集等事業第4回報告書 | トップページ | ユビキタスの日本語言い換え、さらに継続検討 »

2006/03/10

医療事故報告形式がXML化

以前要望を出させていただいたことに応えていただいたのかどうかはわかりませんが、医療事故情報収集事業の報告が、以前のWeb入力に加えてXML形式による報告が可能になったようです。

リンク: 医療事故情報収集等事業.(本日は誤記が直っていました)

でも、XML作成資料集には次のような誤植(ペースト後の修正ミス)がところどころ見つかるので、利用時には確認が必要だと思います。数字も全角混在が散見されました。


<GRP患者情報>
<DAT患者フラグ CODE="01"></DAT患者フラグ>
<DAT患者年齢_年 CODE="10"></DAT患者年齢_年>
<DAT患者年齢_月 CODE="00"></DAT患者年齢_月>
<DAT患者性別 CODE="01"></DAT患者性別>
</LST関連診療科>

当然計画中だとは思いますが、ヒヤリハット収集事業も、これと互換性のあるXMLにしてほしいと思います。

さて、個人的にはどの仕組みで対応しようか、考慮中です。

|

« 医療事故情報収集等事業第4回報告書 | トップページ | ユビキタスの日本語言い換え、さらに継続検討 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3033/9020254

この記事へのトラックバック一覧です: 医療事故報告形式がXML化:

« 医療事故情報収集等事業第4回報告書 | トップページ | ユビキタスの日本語言い換え、さらに継続検討 »