« ユビキタス空港っていつでもどこでも飛行機に乗れるの? | トップページ | きょうも退却?医療ニュースサイトその後 »

2006/04/18

IEのアクティブコンテンツの扱い変更

そういえば昔こんな話題が出ていたことを思い出しましたが、ついに現実のものとなったようです。

リンク: Macromedia Japan アクティブコンテンツデベロッパーセンター.

マイクロソフト社より4月12日に公開された、Internet Explorerの4月度月例更新プログラムをインストールするとInternet ExplorerがActiveXコントロールを処理する方法が変更されます。

その結果、一部のWebページを閲覧する際FlashやShockwaveによるアクティブコンテンツの対話的処理が自動的には有効化されなくなります。有効化するには、閲覧者がアクティブコンテンツをクリックする必要があります。

影響を受けるアクティブコンテンツは他にApple Quick Time、Microsoft Windows Mediaなど広範囲に及びます。またWebページの記述方法によってはPDFも影響を受けることがあります。

 確かに私が昔作ったサンプルコンテンツも、WindowsのInternet Explorerで開くと、ワンクリック手間が増えていました。世間ではもう対応がすんでいるのかもしれませんが、オンラインバンキングや予約サイトなどで不具合が出るところもあるのではと思っています。

Flash Professionalによるプレゼンテーションのサンプル

2006/06/05 追記
Dreamweaverを8.02にアップデートしたら、自動的にこの問題を修正してくれるようになりました。便利便利。

|

« ユビキタス空港っていつでもどこでも飛行機に乗れるの? | トップページ | きょうも退却?医療ニュースサイトその後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3033/9652358

この記事へのトラックバック一覧です: IEのアクティブコンテンツの扱い変更:

« ユビキタス空港っていつでもどこでも飛行機に乗れるの? | トップページ | きょうも退却?医療ニュースサイトその後 »