« 米国から医療情報システムの検証ネタ | トップページ | ドクターショッピングの日本語訳をつくろう »

2006/05/10

ユビキタス遠隔医療っていつでもどこでも通信衛星に画像を送れるの?

私がユビキタス誤用の代表例だと勝手に決めつけている「ユビキタス空港」に続いて、今度は「ユビキタス遠隔医療」だそうです。まあ携帯電話ベースなら「ユビキタス」と言えないこともないかもしれませんが、 衛星通信はユビキタスとは対極なので、びっくりしました。ただ、よく調べてみると衛星通信をユビキタスと呼んでいるのではなく、「ユビキタス遠隔医療システム」の問題点改善のために衛星を使ってみるということのようです。

リンク: 日経プレスリリース:JSAT、旭川医科大学と衛星インターネットサービスを活用した遠隔医療実験を開始.

厚生労働科学研究成果データベースによると、「ユビキタス遠隔医療システム」というのは、診療所や病院をADSLで結んだものだったようなので愕然としましたが、その欠点の克服のために衛星利用の実験に進んでいるみたい。

 私も衛星ハイビジョン中継車くらいは操作できる無線免許を持っており、衛星通信の経験もありますが、衛星は機器も使用料も高いし設置も大変な割に、小規模装置だと速度も出ないので、どうかなと思います。それとも劇的に安くなったりしてるのでしょうか。JSATさんの健闘を祈りたいと思います。利尻島でも既にFOMAがサービスインしているようなので、比較するのも興味深いですね。

 ある業者さんが、FOMAベースの遠隔画像伝送システムを紹介してくれました。恐る恐る値段を聞いたところ、私の予想の1/10だったのでびっくりしました。

|

« 米国から医療情報システムの検証ネタ | トップページ | ドクターショッピングの日本語訳をつくろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3033/10000600

この記事へのトラックバック一覧です: ユビキタス遠隔医療っていつでもどこでも通信衛星に画像を送れるの?:

« 米国から医療情報システムの検証ネタ | トップページ | ドクターショッピングの日本語訳をつくろう »