« 仮想化ブレードサーバとシンクライアントでブレードPC代替 | トップページ | 「パンくずリスト」の言い換え語をつくろう »

2006/06/13

医療分野で増加するWeb登録システムへの危惧

日頃から思っていることですが、急遽来週あたりに、以下のようなお話しを某所ですることになるかもしれません。以下はその抄録です。

 医療現場では、公的機関等によるデータ収集事業が増えている。演者の関係分野に限っても、ヒヤリハット収集や医療事故報告にはじまり、小児稀少疾患登録、がん登録などがある。医療界全体では、臨床研修評価登録、脳卒中登録、サリドマイド利用登録など様々な登録事業が立ち上がってきている。
 しかし、多くの事業はWebサイトにブラウザを使って登録する仕組みを用いており、臨床研究症例登録等には有効と考えられるが、電子カルテ等、既に業務がシステム化済みのユーザーにとっては入力の二度手間を強いられることになる。
 今後はこのような医療現場に負担を強いるシステムでなく、ASP等の仕組みを用いて現場の業務改善に寄与しながら登録データの収集もできるようなシステムが求められるのではないか。

|

« 仮想化ブレードサーバとシンクライアントでブレードPC代替 | トップページ | 「パンくずリスト」の言い換え語をつくろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3033/10513389

この記事へのトラックバック一覧です: 医療分野で増加するWeb登録システムへの危惧:

» 医療SNS プラットフォーム [杉原 桂@疾病予防医]
私が企画しているのは医療系SNSの共通プラットフォーム基盤である.医師であれば誰でも無料で使える.様々なモジュールをとりそろえ、ユーザにその選択を任せる.WEB上で求められる入力作業の手間ひまを省くた...... [続きを読む]

受信: 2006/06/22 11:30

« 仮想化ブレードサーバとシンクライアントでブレードPC代替 | トップページ | 「パンくずリスト」の言い換え語をつくろう »