« セカンドライフなど仮想空間での医療情報提供 | トップページ | MSDN Premiumの値段のおかげで懸案が2つ解決 »

2007/08/06

ヒロシマナガサキの邦題をつくろう

やはり原爆の日には何か書かなくてはということで、今年はこれです。

リンク: ヒロシマナガサキ.

原題は

WHITE LIGHT/BLACK RAIN
The Destruction of Hiroshima and Nagasaki
なんですね。

 この映画はまだ見ていませんが、せっかくですから前段を含んだ邦題を考えることにしました。

 Black Rainというと、今村昌平監督の映画「黒い雨」を思い出します。見終わって席から立ち上がれない映画でしたっけ。。。さて、White Lightをどうしましょう。

白い光というのはポスターにもあるみたいなので、まずは一般的なところで、
 閃光と黒い雨-ヒロシマナガサキ-

原爆は「ピカドン」とも呼ばれるので、
 ピカと黒い雨-ヒロシマナガサキ-
ちょっと日本人的すぎるタイトルになってしまいました。

夏空が一瞬にして夜のようになってしまったと言われています。
 白昼死の雨-ヒロシマナガサキ-

米国人は原爆のことを「戦争の早期終結や犠牲者減につながった」と肯定的に見る人も多いと聞きます。
 救世の光にあらず-ヒロシマナガサキ破滅の闇-

 あと、個人的にちょっと気になったのは、Destructionが被爆体験の風化も表しているのではないかということです。ヒロシマ・ナガサキの記憶も崩壊していく……。それを今のうちに少しでも残したいというのが、監督の思いのような気がしています。

この映画に出てくる14人のうち、おふたりには私もちょっとしたご縁があり、お話ししたことがあります。

|

« セカンドライフなど仮想空間での医療情報提供 | トップページ | MSDN Premiumの値段のおかげで懸案が2つ解決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3033/16027151

この記事へのトラックバック一覧です: ヒロシマナガサキの邦題をつくろう:

« セカンドライフなど仮想空間での医療情報提供 | トップページ | MSDN Premiumの値段のおかげで懸案が2つ解決 »