« 北京五輪開会式は口パクか吹き替えか | トップページ | 「クリスタルスカル」は即死の瞬間の走馬燈 »

2008/09/05

医療分野でのユニファイド・コミュニケーションの可能性

Dr.CrounseのHealthBlogに、病院でのユニファイド・コミュニケーションのデモビデオが載っていました。

リンク: 医療機関でのUnified Communicationのビデオ

リンク: HealthBlogのUC関連

 私の職場でも最近、「回診中に外線電話が医師のPHSにかかってきて困る」という相談がありました。電話交換手が医師のプレゼンスを見て、「×回診中」なら取り次がないといったことはすぐにできそうに思います。

 来月あたり、Microsoft Office Communications Serverが本格稼働させられそうなので、ちょっぴり楽しみにしています。

 あとは医師のPHSをスマートフォンに更新できれば完璧なんですけれど。

続報
コンシューマー向け携帯電話プレゼンスサービス

|

« 北京五輪開会式は口パクか吹き替えか | トップページ | 「クリスタルスカル」は即死の瞬間の走馬燈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3033/42388252

この記事へのトラックバック一覧です: 医療分野でのユニファイド・コミュニケーションの可能性:

« 北京五輪開会式は口パクか吹き替えか | トップページ | 「クリスタルスカル」は即死の瞬間の走馬燈 »