« EMR、EHR、PHRの違い | トップページ | アラさがしの顛末-「アラはたち」は「アラツー」を逆転できるか »

2008/09/20

さようならPowerPoint(2) Xboxでハイビジョン画質のプレゼンを

以前書いた、さようならPowerPoint-Flashでひと味違うプレゼンをが今でもかなり読まれているようなので、近況を報告します。

 昨年2月、暗黒星団帝国に魂を売ってからは、PowerPoint2007の新機能を堪能していたのですが、やはり物足りなくなるものです。このイベントを契機に、新作を発表することにしました。

Xbox 360のビデオ再生機能を利用して、高画質動画によるプレゼンを行なう

というものです。オーサリングに使ったソフトウェアはFlashと同じAdobeから出ているPremiere Pro CS3。1920×1080でWMV(Windows Media Video)形式で保存、USBメモリに入れて、Xbox 360で再生します。ノートパソコンではスムーズに再生できない動画も、Xboxは滑らかにこなします。

 「これはいけるぞ」と勇躍インドネシアに乗り込んだものの、様々な障壁が。あちらではXboxは未発売で、おまけに煉瓦みたいにバカでかいXboxのACアダプタは、その図体のくせにかの国の高電圧をカバーしていないのです。試写時にあちらのスタッフがそのアダプタを壊してしまった。予備機で動かしたものの、表示はプロジェクタでなく42インチくらいの横長テレビで1080pは再生できず。ホテルの部屋で720pにレンダリングし直し、ようやくプレゼンを終えることができました。

 本プレゼン手法の利点と欠点をまとめてみます。

利点

 ・圧倒的高画質。
 ・動画使い放題。
 ・白いXboxのコントローラを手にプレゼンする様子は注目度抜群。
 ・Premiere Proによるオーサリングは難しくない。Flashと同程度。
 ・機器の設定は簡単。Dreamcast+OpenblockSと比較してですが(笑)。
 ・動画の再生時間を持ち時間に合わせておけば、時間オーバーが皆無。
 ・そのままインターネットで公開できる。

欠点

 ・会場の映写設備の確認が必要。試写も必須。
 ・配付資料作りが面倒。
 ・プレゼン中に動画を止めるのは格好が悪いので、充分な練習と画面切り替えタイミングの調整が必要。
 ・Xbox(特に電源アダプタ)が重い。

 というわけで、Dreamcast+OpenblockSよりは楽ですが、一般の人にはまだ敷居が高いかも知れません。しかし「ここ一番」のプレゼンにはぜひお勧めしたいと思います。私自身も、どのイベントで国内デビューさせるか思案中です。

訂正 マ社のイベント紹介ページの下記は誤りですのでよろしく。

誤 Xbox を利用した同センターの医療情報システムに関するプレゼンテーションを行い

正 Xbox を利用して、同センターの医療情報システムに関するプレゼンテーションを行い

続報 さようならPowerPoint(3) Xbox360でXGA静止画プレゼンを

|

« EMR、EHR、PHRの違い | トップページ | アラさがしの顛末-「アラはたち」は「アラツー」を逆転できるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3033/42535482

この記事へのトラックバック一覧です: さようならPowerPoint(2) Xboxでハイビジョン画質のプレゼンを:

« EMR、EHR、PHRの違い | トップページ | アラさがしの顛末-「アラはたち」は「アラツー」を逆転できるか »