« きょうからGXの仲間入り | トップページ | 最後の匠-職人技の継承の危機 »

2009/03/26

舛添厚生労働大臣のジレンマ

久しぶりにこの問題が表面化しました。一方では周産期救急医療の充実を約束し、その一方では労働基準法を遵守させねばなりません。舛添厚生労働大臣もお困りのことでしょう。厚生労働省の局レベルでは大局は気にならないのかも知れませんが。

リンク: 愛育病院 返上 - Google 検索.

参考過去記事: 手の届く範囲だけでもなんとかしたい: 厚生「労働」省は「厚生」労働省を指導してほしい.

|

« きょうからGXの仲間入り | トップページ | 最後の匠-職人技の継承の危機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3033/44476555

この記事へのトラックバック一覧です: 舛添厚生労働大臣のジレンマ:

« きょうからGXの仲間入り | トップページ | 最後の匠-職人技の継承の危機 »