« CoMHI 広島 2009 | トップページ | 趣味といえば橋本の味 »

2009/05/25

アップコーディングの言い換え語をつくろう

アップコーディングという言葉があります。診断群分類包括評価やDPCに絡んでよく出てくる言葉です。「この名は体を表していないなぁ」と以前から思っていたのですが、きっかけがあったので、言い換え語を提案することにしました。

まず考えたのが、「コーディング詐欺」。

 これだと、アップという意味がないのが欠点かもしれません。また不正請求という意味も入れたいと思います。しかし良く考えてみると、診療報酬の不正請求という場合は、過小請求ということはなく、必ず過大請求なわけです。そうすると、「不正請求」が「アップ」に対応するのかもしれません。

そこで、「コーディング不正請求詐欺」も良さそうです。

やはり「不正」と「詐欺」が重要そうなので、最終稿としては、下記を推薦します。

アップコーディングという言葉はやめて、「不正コーディング詐欺」と呼びましょう。

おまけ

何かの言葉について調べたいときは、まずネットで検索という方も多いでしょう。私は医療や病院に関する言葉の時は、すべてひらがなにした検索も試すようにしています。

リンク: あっぷこ-でぃんぐ って-いじかちょうなまいにち.

|

« CoMHI 広島 2009 | トップページ | 趣味といえば橋本の味 »

コメント

ynb先生こんにちは。


> アップコーディングという言葉はやめて、「不正コーディング詐欺」

いいですねぇ~。

「アップコーディング」だと響きがよすぎて、不正のにおいが薄まり、
『これくらいなら大丈夫かな??』って感じになってしまいそうですが、
「不正コーディング詐欺」だと、明らかに悪いことをしているっていう
イメージになり、『不正なことはやってはならねぇ~』ってことになる
かもしれませんね。


P.S.リンクを貼って頂きありがとうございます。

投稿: ijikacho | 2009/05/25 20:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3033/45126374

この記事へのトラックバック一覧です: アップコーディングの言い換え語をつくろう:

« CoMHI 広島 2009 | トップページ | 趣味といえば橋本の味 »