« pubmedのアクセス拒否をもたらす不心得者 | トップページ | バーチャルな医療クラスターをつくろう(1)入院患者の安静度の定量的測定 »

2009/07/15

とてつもない携帯電話の利用法

きょうはモダンホスピタルショウに下見に行きました。下見なので、基本的に顔見知りの方とのご挨拶に終始しました。いつも最初に寄ってしまうヴァイタスさんでは、今年も意欲的な展示を見せてもらいました。ベッド上での痙攣まで検知、収集できるとはびっくりです。
 そうやって刺激を受けた後、某社の皆さんといろいろとお話しをするなかで、携帯電話端末の全く新しい利用法を思いついてしまいました。あまりに画期的なので(笑)、某社が特許なんかを取るか、ばかばかしくて諦めるかされるまで、向こう数ヶ月はこちらにも書かずに内緒にしておきたいと思います。本日お声かけ下さったKDDI研究所のあなた、今ならあちらをご紹介しても良いですよ!

 この携帯電話端末以外にも、南半球向けに逆回りの起動画面を作るとか、虹色の応用とか、お箸への展開、足の利用など、まだまだ自分の着想の荒唐無稽さも捨てたものではないなぁと思った一日でした。

|

« pubmedのアクセス拒否をもたらす不心得者 | トップページ | バーチャルな医療クラスターをつくろう(1)入院患者の安静度の定量的測定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3033/45644638

この記事へのトラックバック一覧です: とてつもない携帯電話の利用法:

« pubmedのアクセス拒否をもたらす不心得者 | トップページ | バーチャルな医療クラスターをつくろう(1)入院患者の安静度の定量的測定 »