« AMIA CMIO Boot Camp | トップページ | 医療機関でのユニファイド・コミュニケーションとプレゼンスの研究 »

2009/08/20

Vistaのfltmgr.sysでblue screen

今朝、職場のWindows Vista (SP1とSP2)の端末が起動後軒並みブルースクリーンでフリーズしました。セーフモードで立ち上げてSymantec Endpoint Protection 11関連のプログラムを起動しない設定にすると直りました。当方だけの問題だと良いですが。。。

原因究明中です。。。。

単に何度か再起動すると動くようになる場合もあるようです。

2009/08/21 追記
 右の方の検索フレーズランキングを見ると、8つをこの件が占めていました。久しぶりのヒットだったみたいですね(笑)。そういえばこの関係のことを書いていたかも知れないと思い、検索したらありましたので載せておきます。
 私の職場でも、Symantec一辺倒は良くないと言うことで、暗黒星団帝国の前衛艦隊を戦列に加えつつあったのですが、この事件があったので、本格的に増強しようと目論んでいます。昨夜も重要なマシンを2台入れ換え。

参考過去記事
パターンファイル不具合へのリスクマネジメント.
養鶏場とWindowsはどちらもウィルスに弱い.

2009/08/26 追記
Symantecのサポートサイトに載っていました。お詫びの一言くらいあっても良さそうなものですが……
リンク: SEP 11.0 MR2 がインストールされている Windows Vista マシンに 2009/08/18 rev.16 の定義ファイルを適用するとブルースクリーンが発生する.

 思えば、職場の電子カルテ端末も1000台ちかくSEPを使っていますが、OSがWindows XPだったので助かりました。もしXPで起こっていたらと考えると、背筋が寒くなります。多くの端末が夜中に自動再起動をしていますが、1時間空けています。仮に第一陣が爆弾パターンファイルに当たってブルーになった場合は、1時間後の第二陣再起動を止められるか。。。防災訓練が必要みたいです。

 また今回の初動では、久しぶりにネットワークのありがたみを痛感しました。以前から、ここに記事をポストすると、5分くらいでGoogleで検索できるようになることに気づいていました。この記事を最初に書いた時には、確信は無いものの解決策もわかり、騒ぎは収まりつつあったのですが、ネット検索では充分な情報がなかったので、ここに書いておけば誰かの役に立つかも知れないし、フィードバックもあるかもしれないと思ったのです。コメントいただきました皆様にはあらためてお礼申し上げます。

|

« AMIA CMIO Boot Camp | トップページ | 医療機関でのユニファイド・コミュニケーションとプレゼンスの研究 »

コメント

同じトラブルで困っていました。
Symantecに確認したところ、WindowsVistaで古いクライアントプログラムを利用していて、かつ2009/08/19r16の定義ファイルとの競合でブルースクリーンとなるようです。

定義ファイルのロールバック、またはクライアントプログラムを最新のものにアップグレードすることでこの問題は回避できるとのことです。

ご参考まで。

投稿: licht | 2009/08/20 12:58

ども、私のまわりでも今日複数台問題でまして、検索してたどり着きました。
なるほどいろんなところで起こっているみたいですね。

こちらでは以下の手順で復旧できました。

1。Safe modeで起動しSymantecのサービスを無効
2。再起動しノーマルモードへ。
3。\Program Files\Symantec\LiveUpdate\LuAll.exeを実行しアップデートさせる。
4。Symantecサービスを自動起動に戻し再起動。

ではでは

投稿: Tom | 2009/08/20 13:00

ありがとうございました。ひとつの波をやり過ごしたらなおったみたいなので、途中のパターンファイルではと思っていました。2009/08/19r16ですか。落ち着いたところで確認したところ、2009/08/19r21になっていました。

投稿: ynb | 2009/08/20 16:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3033/45977845

この記事へのトラックバック一覧です: Vistaのfltmgr.sysでblue screen:

« AMIA CMIO Boot Camp | トップページ | 医療機関でのユニファイド・コミュニケーションとプレゼンスの研究 »