« こんなこともあろうかと-プロビジョニングを究めよう | トップページ | twitterは半減期の短い共鳴効果を扱えることに気づいた »

2010/01/24

立ち止まらずに美術品を観賞する

空き時間ができたのと、招待券をいただいたので、倉敷の大原美術館に行きました。

 短い時間なので、どんな美術品があるのか、雰囲気をつかむための下見として、順路通りに立ち止まらないで通り抜けることにしました。その結果2つの発見がありました。
 一つ目は、立ち止まらないで素通りさせてくれない作品があること。今回は「陽が死んだ日」「NEWSPAPER」がそれでした。
 もうひとつは、動きながら絵を鑑賞するということは、止まって見るのとはまた違った印象をもたらし、絵画の新たな一面を発見する可能性があるのではという気がしたことです。
一つの絵を遠くから、或いは近くから見るという方法は良く耳にしますが、静止した絵を連続移動しながら視ることで新たな発見もありそうに思えました。たまには、動く歩道つきの展示室というか、動く歩道からしか見られない絵画展というのも一興かと思いました。

|

« こんなこともあろうかと-プロビジョニングを究めよう | トップページ | twitterは半減期の短い共鳴効果を扱えることに気づいた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3033/47387919

この記事へのトラックバック一覧です: 立ち止まらずに美術品を観賞する:

« こんなこともあろうかと-プロビジョニングを究めよう | トップページ | twitterは半減期の短い共鳴効果を扱えることに気づいた »