« 新・医療IT用語辞典が単行本‥ではないがPDF電子版に | トップページ | わたくし山野辺裕二は成育から恵寿に移りました »

2014/11/06

討論だけのシンポジウム。反転学会のすすめ

学会のシンポジウムなどを聴講すると、期待した内容でなくがっかりすることがあります。演者の顔ぶれを見て内容を予想できればよいのですが、簡単ではありません。

そこで、最近はやりの「反転授業」を応用した「反転学会」の提案です。シンポジストの講演はあらかじめ動画配信しておいて、聴衆からの質問や討論テーマの募集も済ませておき、現実の学会場では、以上を踏まえた討論だけを開催します。

こうすると、討論時間が充分とれるだけでなく、あらかじめ発表内容を確認でき、討論の論点もわかるので、会場入りしてから「期待はずれだった」ということがなくなると思います。

また、過去のシンポジウムの記録を呈示したうえでスタートすれば、「毎回同じ課題が提起されるのみで進歩がない」という事態も改善できるのではと思います。

サイバーアメーバ学会とともに、いつか導入したいものです。どこかの大会長の先生と仲良くなって実現を目指さなくちゃ。

|

« 新・医療IT用語辞典が単行本‥ではないがPDF電子版に | トップページ | わたくし山野辺裕二は成育から恵寿に移りました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3033/60606880

この記事へのトラックバック一覧です: 討論だけのシンポジウム。反転学会のすすめ:

« 新・医療IT用語辞典が単行本‥ではないがPDF電子版に | トップページ | わたくし山野辺裕二は成育から恵寿に移りました »