« 討論だけのシンポジウム。反転学会のすすめ | トップページ | なぜ携帯電話はコンビニでレンタルできないのか »

2015/04/01

わたくし山野辺裕二は成育から恵寿に移りました

2015年4月1日をもちまして、わたくし山野辺裕二は、10年近く勤めました東京の国立成育医療研究センターから、石川県七尾市の、けいじゅヘルスケアシステムに移りました。

法人としては社会医療法人財団董仙会、病院としては恵寿総合病院になります。

前の職場は周産期・小児医療で日本の先端を行く施設でしたが、これからは「医療・介護・福祉とその先」で日本の(世界も?)先端を行く現場で、いろんなことに取り組んでみたいと思います。

今までお世話になった方々、ありがとうございました。これからは公私ともに七尾方面にもぜひ足を伸ばして下さい。

 引っ越し荷物に使った段ボール箱の中に、たまたまEIZOの液晶ディスプレイの空き箱があり、横に株式会社ナナオと書いてありました。今は社名が変わっていますが、20年以上前愛媛の病院で、あのとてつもなく重いFlexscan T560iを購入した時点では、「世界的なディスプレイを作る会社が石川県にあるんだ」と感心した覚えがあります。まさか20年以上経ってその七尾に住むことになるとは思いもよりませんでした。

 能登空港はANAしか飛んでいないし、小松・福岡もANAしか飛んでいないので、このブログの冒頭にあるJALのマイルを貯めるのが難しくなりましたが、それ以外は大きな問題はなさそうです。

Dsc_1287ss

能登空港行きの機内から見えた、春の立山連峰の景色がきれいでした。

おまけ
日付上はエイプリル・フールですが、真実です。

|

« 討論だけのシンポジウム。反転学会のすすめ | トップページ | なぜ携帯電話はコンビニでレンタルできないのか »

コメント

山之辺先生、ご無沙汰しております。
異動(移動?)のこと、ここではじめて知りました。

なんと、貴院HP上の新任式で、先生がアップされてます!!
ますますのご活躍を祈念申し上げます。

投稿: 下戸 稔 | 2015/04/06 13:55

その節は大変お世話になりました。富士通の瀬川です。
東京では成育医療センター、東京臨海病院など大変お世話になりました。
2年前より私も故郷石川に戻り、北陸地区の病院様を担当させて頂いております。

「月刊 新医療」の「今さら聞けない医療ICT」にて山野辺先生のご活躍と現職を知りました。
同じ石川の地にてご活躍されていることで、今後お世話になることもあると思っております。

ご多忙とは存じますが、一度ご挨拶に伺えればと思います。
能登の自然と美味しい魚など、地元民ならではの情報もご紹介できればと思います。

投稿: 瀬川 元将 | 2015/09/08 10:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3033/61372869

この記事へのトラックバック一覧です: わたくし山野辺裕二は成育から恵寿に移りました:

« 討論だけのシンポジウム。反転学会のすすめ | トップページ | なぜ携帯電話はコンビニでレンタルできないのか »