« ウェアラブルの次はユビキタスカメラでゼロチップ検知なのか | トップページ | 比嘉愛未さんの大袋を持ち歩くわけ »

2015/10/04

ICTかITか3.0

雑誌などの原稿を書いていると、時にICTとITの扱いに困ります。といっても、私は頑としてITしか使わないのですが。まぁ、特集や本のタイトルにICTが入っているとそれなりに気を遣います。

これについては従来も書いてきていて、「シンプルが一番」ということと、「役人の権益拡大に迎合しない」というのが主な信念であることに変わりがないのですが、

ICTかITか
ICTかITか2.0

「とはサーチ」さんの記事があまりに明快で感心したので、ついこちらに書いてしまいました。

ITが経済の分野で使われることが多いのに比べ、ICTは主に公共事業の分野で使われることが多い。これは、ITとは経済産業省の用いる用語であるのに対して、ICTは総務省の用いる用語だからである。

この程度の中身ならtwitterに書けばすむのですが、まとめるのが面倒なのでこちらに。

|

« ウェアラブルの次はユビキタスカメラでゼロチップ検知なのか | トップページ | 比嘉愛未さんの大袋を持ち歩くわけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3033/62407613

この記事へのトラックバック一覧です: ICTかITか3.0:

« ウェアラブルの次はユビキタスカメラでゼロチップ検知なのか | トップページ | 比嘉愛未さんの大袋を持ち歩くわけ »