« 「次世代医療基盤法」はやめて「医療情報匿名化活用法」にしよう | トップページ

2018/02/10

長年使った「遠隔医療」をオンライン診療にして大丈夫なのか?

厚生労働省の会議で、いままで「遠隔診療」と呼んでいたものに代えて「オンライン診療」という用語が正式採用となったみたいです。
オンライン診療って、概念をきちんと定義できてるのか、理解して使っているのかとても心配しています。

ネットで検索すると、以下がトップに出てくるのですが、
未来投資会議構造改革徹底推進会合 「健康・医療・介護」会合(第2回)
医療法人社団鉄祐会 武藤理事長 提出資料(PDF)
Online_2

オンライン診療とは、ICTを活用し、患者データの質と量を増やすとともに、 医師と患者の双方向コミュニケーションを深めることで、診療の質を高めて いき、従来の対面による診療を補完するものである。
これによると、「ITを活用し、データの質と量を増やすとともに、双方向コミュニケーションを深めれば」該当するようです。

第367回中央社会医療保険協議会総会 (29.11.1)事務局提出資料では、
「オンライン診療とは、 ICTを活用し、医師と患者が離れた場所でありながら、患者の状態を把握し、診療を行う」
ということのようです。

うーん、やはりきわめて定義が曖昧です。
これらの定義によれば、医師と患者が、ともにパソコンに向かい、血液検査結果の文字情報を見ながら、音声のみの電話で話したり、画像なしのチャットを行なっても、立派な「オンライン診療」ですよね。

対義語と英訳はどうなのか

このブログでいつも書いて来ましたが、用語が適切かどうかを考える場合は、対義語と英訳を考えることがとても役立ちます。 オンラインの反対はオフラインですよ。録画した動画を非同期で送るのは、オンラインと言って良いのか迷いますけど有用だと思います。画像を焼いたDVDを別送して電話で話すのはオフライン?オンライン? チャットとメールとFaxはどこまでオンライン? 結局のところ「非対面診療」の方が適切ではないでしょうか。

英訳はどうでしょう。国際的にはどう説明するのかな?オンライン診療と言いながら英訳は従来と同じtelemedicine, telecare, telehealthですというのは許しませんからねっ!

日本遠隔医療学会の最近の集会も盛会だったようなので、オンライン診療の定義がどうなったのか聞いてみたいと思います。
ちなみに「遠隔医療」の定義も同学会のWebサイトに載っています。

|

« 「次世代医療基盤法」はやめて「医療情報匿名化活用法」にしよう | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3033/66376402

この記事へのトラックバック一覧です: 長年使った「遠隔医療」をオンライン診療にして大丈夫なのか?:

« 「次世代医療基盤法」はやめて「医療情報匿名化活用法」にしよう | トップページ