« 「いちばん好きなテレビドラマ」枠の新設 | トップページ | 5G時代にはUaaS (Your device as a Service )が来る! »

2018/10/18

なんでもaaS(4) 外科医不足には手術室の仮想化を

あるイベントの予告で、「次回はJohnson & Johnson からカルビー、ライザップと転じた松本晃さんに外科医不足も含めた医療の問題を語っていただきます」という告知をみて、

今こそ手術室の仮想化について真面目に考えてみるべきじゃないか

と思ったので、あらためて「なんてもas a Service」シリーズの新作として書き直すことにしました。

(当面書きかけ公開です)

実はずいぶん前の2010年になんでもaas(2)なんでも仮想化、医療機関の各パーツの仮想化という記事を書いたことがあり、その中でも

個人的には手術室の仮想化というのも、難しいですが興味深いです。

と書いていました。
実はそのあとくらいから、「仮想化」の概念を説明するのに「手術室の仮想化」を例示してました。

 

 

 

クラウドの前に仮想化を理解<br><br><br><br>
英語の ”Virtual ” を仮想化と訳しているが、<br><br><br><br>
元の意は「あたかも○○に見える」「事実上○○とみなせる」<br><br><br><br>
ということ。<br><br><br><br>
「仮想の」を英訳すると”imaginary ”<br><br><br><br>

 

 

 

14

 

 

 

 

13_2

 

 

 

14_2

 

 

 

|

« 「いちばん好きなテレビドラマ」枠の新設 | トップページ | 5G時代にはUaaS (Your device as a Service )が来る! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんでもaaS(4) 外科医不足には手術室の仮想化を:

« 「いちばん好きなテレビドラマ」枠の新設 | トップページ | 5G時代にはUaaS (Your device as a Service )が来る! »